爪の切り方は四角切りで

爪を切る時、見栄えだけを整えて切ろうとしていませんか?

特に足の爪先の露出が増える夏は、綺麗な形にカットしたいと思うでしょう。でもその前に、爪に負担の少ない切り方、正しい形のことも覚えておきましょう。

爪は柔らかくなっている時の方がカットの負担が少なくて済みます。つまりお風呂上りが1番負担が少なくて済みます。負担が減ると切る際に割れにくくなります。

また、爪切りを使うよりもヤスリだけで削る方がさらに負担を減らすことができます。

ヤスリは時間的に余裕がなかったり、粉が出るのが嫌な方もみえるでしょう。その時はニッパーを使う方がいいです。

爪切りでカットしたい方は、爪を切ってからヤスリで整えるという流れで進めます。

ここで大事なのが四角に切ること。

丸く切る人が多いですが、四角に切る方が爪の役割をより果たしやすくなります。

爪は指先に力を入れるために大事な存在。もし爪がなければ物を持ったり、ボタンを押したりが上手くできなくなります。

四角に切るのにも2通りあり、スクエアカットとスクエアオフと呼ばれています。

スクエアカットは爪の先端を真っすぐに切る方法。仕上げは爪ヤスリでガタガタ感を取り除きます。

スクエアオフは真っすぐに切った両端の尖った部分を丸く切ったり、ヤスリで磨いて丸みをつける方法です。

角が尖っていると引っかかりやすいという方はスクエアオフがおすすめです。この時、深く削るのではなく、少し丸みをつける程度で終わらせましょう。

 

爪切りで最も気をつけたいのが深爪です。

実は爪の裏側には毛細血管がたくさん隠れています。深爪をすることで菌が入り込みやすくなります。また、足の爪は巻き爪の原因にもなるので、深爪は避けなければいけません。

爪の白い部分を全て切ろうとする人は多いですが、爪の本来の機能や皮膚を傷つけないようにするには、白い部分を残しておく方がいいのです。

 

爪は伸びると切らなければいけないので面倒な存在に思われがちですが、もし爪がなければ指先で何かをつまんだりすることができなくなります。

そんな大事な爪なので、見た目だけではなく、機能的な切り方をするようにしましょう。

 

足の爪の色や形が変形した時は、こちらの商品がおすすめです。

クリアネイルショット

About Company

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Morbi sit amet purus rutrum, vestibulum urna a, elementum nulla. Etiam pharetra nisi sit amet sapien malesuada, non hendrerit arcu pellentesque.

Sample Content

Nam eget placerat justo. Suspendisse quis hendrerit nisl. Nullam eget malesuada dui. Phasellus auctor, justo eu euismod vestibulum, ex nisl mollis elit, ut efficitur mauris turpis ullamcorper nisl. Proin eleifend erat tellus, at feugiat mi pulvinar at.

Get in Touch

  • Address:
    ARINIO GROUP
    WZ-290,Plot No.-8, Commodo
    Aenean Cursus-100002

Powered by WordPress. Theme by Arinio