憧れの職場の先輩

私がパン屋で働いている時に、片想いをしている先輩にスケートに誘われました。スケートなどした事がない私は戸惑いましたが、憧れの先輩に誘われた嬉しさから一緒に行く事にしました。

スケート場でスケート靴を借りて、はきなれないスケート靴に悪戦苦闘していると、そこに二人組の男の人が来て、私をしつこく誘うのです。どうしたら良いのか分からずにいたら、先輩が慌てて走って来て私を庇ってくれました。私はとても嬉しくて、先輩の素敵な横顔を見上げていました。 先輩は私の手を握ると、スケートリンクに連れ出してくれて、私の手を引いて滑り出しました。私は先輩についていくだけで精一杯でした。

なんだか子供みたいで恥ずかしくて、先輩が何か言ってくれても、返事をする事がやっとの状態でした。 その後、先輩はコーヒーを、私はココアを飲みました。先輩にとって、私は妹みたいな存在で、恋愛対象には見てもらえないと分かっていました。でも、私はずっと先輩の事が好きでした。優しくされると、嬉しいけれど切なくなりました。 結局、好きですとは言えないまま先輩とは別れてしまいましたが、今でも胸の奥が暖かな気持ちになります。 そして、冬になるとスケート場に行きたくなります。なんだか、久しぶりに恋愛にご利益のある神社に行きたくなりました。ご利益のある神社:東京大神宮の恋おみくじ

About Company

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Morbi sit amet purus rutrum, vestibulum urna a, elementum nulla. Etiam pharetra nisi sit amet sapien malesuada, non hendrerit arcu pellentesque.

Sample Content

Nam eget placerat justo. Suspendisse quis hendrerit nisl. Nullam eget malesuada dui. Phasellus auctor, justo eu euismod vestibulum, ex nisl mollis elit, ut efficitur mauris turpis ullamcorper nisl. Proin eleifend erat tellus, at feugiat mi pulvinar at.

Get in Touch

  • Address:
    ARINIO GROUP
    WZ-290,Plot No.-8, Commodo
    Aenean Cursus-100002

Powered by WordPress. Theme by Arinio